ピロリ菌感染症

Q.内視鏡検査とピロリ菌感染診断検査の期間が空いたことで何か影響があるのですか?
A.保険診療では、内視鏡検査によりヘリコバクターピロリ感染胃炎が疑われた際、ピロリ菌感染を診断することになっています。日本消化器病学会としての見解では、内視鏡検査とピロリ菌感染の確認の間は6か月以内とされています。それ以上期間が空いている場合は,再度内視鏡検査を行い、胃癌のスクリーニングとピロリ菌感染診断を行うべきです。ピロリ菌が胃癌の原因菌であることを考慮すると,内視鏡的にピロリ菌感染が疑われた場合、感染診断までに年余にわたる空白が出来ることは望ましくありません。